遺留分

生前贈与はどこまで遺留分の算定に入れられるか

 遺留分の算定方式については、「遺留分の計算式~改正民法による計算式の明文化~」で述べたとおりです。  そこで述べましたように、まず、遺留分算定の基礎となる財産の計算をしなければなりません。  遺留分算定の基礎となる財産 … 続きを読む 生前贈与はどこまで遺留分の算定に入れられるか

コメントなし

遺留分の計算式~改正民法による計算式の明文化~

 遺留分の計算を具体的にどのようにするかについては、「遺留分の算定」で判例を紹介して述べたとおりです。  計算式は、以下のようなものでした。 【計算式】 ①遺留分算定の基礎となる財産額  =相続開始時の財産額+贈与した財 … 続きを読む 遺留分の計算式~改正民法による計算式の明文化~

コメントなし

遺留分の算定

遺留分の算定については、被相続人が相続開始時に債務を負っていた場合についての最高裁判例(最判平成8年11月26日・民集50巻10号2747頁)があり、以下のように判示しています。  「被相続人が相続開始の時に債務を有して … 続きを読む 遺留分の算定

コメントなし

遺留分と価額弁償(2)

 遺留分減殺請求権は、減殺請求の意思表示がなされることによって法律上当然に減殺の効力が生じる生じる形成権であり、減殺の対象物が不動産の場合には、減殺請求権の実際の行使方法としては、不動産の返還請求権や移転登記請求権を行使 … 続きを読む 遺留分と価額弁償(2)

コメントなし

遺留分と価額弁償(1)

被相続人の遺産が不動産だけであった場合は、遺留分権利者が遺留分減殺請求(意思表示)をすることによって取得するのは、具体的に算定された割合に基づくその不動産の共有持分権ということになります。そして、遺留分権利者は、その取得 … 続きを読む 遺留分と価額弁償(1)

コメントなし