相続放棄した場合の空き家の管理責任

 最近、放置される空き家が増え、問題となっています。
 例えば、被相続人が、売れる見込みのない不動産(空き家)と借金を残して死亡した場合、相続人としては、相続をしても、負債と無価値な不動産(空き家)の管理のみをすることになりますから、相続放棄をすることも多いかと思います。相続人としては、相続放棄をして一安心というところかも知れませんが、注意しなければならないことがあります。
 それは、民法940条という条文がありまして、これによると、相続放棄をしても、放棄者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意義務をもって、その財産を管理をしなければならないと規定されているからです。自己の財産におけるのと同一の注意とは、普通人が自己の財産に対して払うのと同一程度の注意を意味します。
 また、管理については、あくまで管理ですから、できることは、財産の現状を維持するのに必要な保存行為や目的物の性質を変更しない範囲内における利用行為・改良行為に限られ、放棄者が自分の利益のために処分したりすることは認められません(単純承認とみなされることあります。)。
 そして、ネットでは、この条文を根拠にして、管理すべき物が空き家の場合で、放棄者が、管理義務を怠り、第三者に損害を与えた場合、放棄者が第三者に損害賠償責任を負う可能性があるとの見解を述べているものも数多く見受けられます。また、地方自治体の条例の中には、このような見解を前提に放棄者に責任を認めようとするものもあるようです。先日、ある新聞で相続放棄しても管理責任は残るという記述があったので、気になってネットで検索してみたら上記のような状況でした。
 しかし、私は、放棄者が最終的に管理責任を負うかどうかは別にして、民法940条の解釈として、上記のような見解が当然に成り立つかのような論旨には疑問を持っています。
 民法940条の条文を見ればわかるように、1項では、管理を継続しなければならないのは「放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで」と定め、2項では、委任の規定を準用して、報告義務(民法645条)、受取物等の引渡し・移転義務(民法646条)、費用等の償還請求権(民法650条)など、放棄によって相続人となった者を相手方として想定していると思われる権利義務が放棄者に存することが定められています。
 したがって、民法940条の管理義務は、放棄者が放棄によって相続人となった者のために負う義務(次の相続人が管理を始めることができるまで相続財産をほったらかしにしないことを内容とするもの)であって、この条文から直ちに、放棄者が第三者に対して負うべき注意義務を導き出すことは無理なような気がします。
 放棄者が第三者に責任を負うのは、民法717条により、放棄者が土地工作物の占有者と認められ(占有者の意義については、間接占有者を含むか否かについて争いがあります。)、その設置または保存に瑕疵があるため責任を負う場合などであると考えますが、いかがなものでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です